文字
サイズ
背景色

メニュー

ホーム > 油絵科 > 油絵作品2

油絵作品2

油絵制作時、アトリエにはには2種類のモチーフがおかれます。
今回ははかぼちゃと花をあしらった静物画的なモチーフと青く塗った木の枝を組み合わせて作った大きな立方体様のモチーフ。
各自好みのモチーフを選び制作に入ります。

絵画教室アトリエクローでは油絵完成後全員の作品をを前に批評会が行われます。
その際自分の制作意図も発表しています。

人は支えがなくては生きていけない。
人の支えは一対ではなく幾多にも絡み合っている。
支えの大切さを表現した。
小川
モチーフの青い枠から、家・守ってくれている箱、枠といったイメージをもった。
中に入ってみると、見渡しがよく外へどんどん抜けていく感じがした。
ここ数年で、日々いろいろな驚きや発見をしてきた。大変なこともあるが、そこから多くのことを学んでいる。
今後はもっと自分から働きかけ、自分の世界を広げて生きたい、という思いでこの絵を描いた。荻田
私は人との関わりにおいて、意見の違いがでたときつい自分の箱・殻に閉じこもったり、相手の顔色をみて誤魔化してしまう時がある。

しかしそんな時こそ、一歩前に踏み出して人と正面から向き合う事により、より良い答え・関係を創り出していける強さを持ちたい。
今のこの決意をピンクに託しました。
加藤

タイトル「きずな(絆)」

人は皆、色々な絆の中で生きている。
親、兄弟、夫婦、友達、色々な場にきずながある。
きずなに感謝しつつ毎日を生活していきたいと思う、、、。
金子

人にはそれぞれの生きる場において何かしら制約、枠があり
時としてそれは、とてつもなく重い。
だが、見方をちょっと変えてみれば、以外にも透明人間のごとく壁をすり抜けてしまうかもしれない。
心だけは自由でありたいと思う。
小杉
常に自分に純粋であることを貫くことは至難の技だ。
社会で生活して行くうえで、個を主張することなく、楽な方に流れてしまいそうになる自分がいる。
純粋でいるための熱さと、それを貫くことの孤独をけっして忘れてはならない。
今野
ふとした時に頭に浮かぶ、昔の優しくて楽しい記憶を思い出しながら描きました。
黒岩
最近、高校の先生や友達とたびたび食事をする機会に恵まれました普段そのような場に行くことの少ない私ですが、気の合う人同士、心のうちを素直に語ることができるのは素晴らしいなと感じました。
あまり自分の気持ちを率直に打ち明けることができない私ですが、こんなふうにいつでも自分の思っていることが話せたら、、、という思いで描いた作品です。
財津
タイトル「ピース」

「ピース」とは、piece=かけらの意。
ジグソーパズルで形は合ってはまっているが、絵が合っていない。はまっているものの絵がつながってなくて、なんとも居心地の悪い今の私の心境を表現しました。

私は、どういった「ピース」なのだろうか?と考えさせる作品でもあります。
鈴木

中央アジアにあるアラル海、かつて琵琶湖の100倍もあり、
水が豊かで美しい湖でした。しかし人の手により砂漠化が進んでいることを知りました。
環境破壊に苦しむ人々の怒りや悲しみを、また私が感じたことを絵にしたいという思いで制作しました。
日名地
現代生活ではあふれる情報に振り回され、自分を見失いそうになる。必要なこと、そうでないものを見極める目をもって悠々と生きたい。
それには長く続けてきた信頼関係、人とのつながりがとても大切。その大切さへの思いが深まる中で描いた作品。
堀部
複雑な脳ミソを持つ反面、人間はどの生物よりも弱い精神を持つようになったと感じる。
反対に、どんなカコクな環境でも強い目を失わずに生き抜く人達もいる。
そんな人間の二面性を表現したいとおもいました。
本島
いのちの誕生、そのいのちが終わっていくことをテーマにしています。特に予期せぬいのちの終わりは残された者を苦しめます。その苦しみを少しでも癒せるようにと描いたものです。

結城
私達人間に出来たのは環境破壊だけのでしょうか?
宇宙レベルから考えれば人間の一生などほんの一瞬に過ぎないが、関われる全てのものにやさしくできたらと思う。
渡辺

ページの先頭へ戻る